男の子2人のママのブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気付いたこと
常に、地震が来ているように、
めまいな様な揺れが続いている。
「地震酔い」というらしい。
今回のように、余震の回数が多く長く続いたり、
不安がそうさせるらしい。

この地域では、
計画停電は、回避されている。
節電のたまものだ。

こうなってみると、
今までどんだけ無駄な電気を使っていたか気付かされる。
便座の保温、
テレビの主電源。

灯油も心配だ。
二週間に一回、配達で満タンにしていってもらっているのだが、
昨日配達には来たが、50リットルしか入れてもらえなかった。
日中、日差しが差す時は、ストーブを消して、
厚着をして、毛布をたくさんかけて、
次男君とペッタンコして昼寝をする。
あったかい。
三月にしては、異常に雪が降るから、
まだまだ寒いから辛いけど、
被災地の人に比べたらなんのそのだ。

ガソリンも異常事態だ。
バスや電車が、都会のように不便なこの地で、
車がないと生活できない。
でも、ガソリンがどこもない。
タンクローリーが走っていると、
つけていって、補充したスタンドを発見するのだそうだ。
スタンドの前はものすごい行列。
うちのパパは、なくなったら自転車で行くと言っている。
私も四月からの仕事復帰では、バスを使うことも考えている。
今までは、何とはなしに、車で出かけて、
なくなればスタンドによって、当たり前のように
車を使っていた。
それができない。
今は、なるだけでかけないようにしている。

だから、今日スーパーに行って、
沢山の食料を買ってきた。
買いだめはするなといわれるが、
まず1週間に一回の買い物だと思って、
買ってきた。
スーパーには思ったりは物がならんでいた。
刺身もタマゴ、牛乳もあった。
カップラーメンやパンなども数は少ないがあった。
少しずつ、元に戻っていくだろう。
食材を大切にする気持ちがグンと高まっている。
スーパーのレジ袋なども品薄で、
買い物袋や段ボールの利用を呼び掛けていた。

便利になりすぎて、
それに慣れ過ぎたのだ。

昔は、正月三が日はどこも開いていないから、
買い物や、それこそ車のガソリンを正月前に
入れておくなんて常識だった。
でも、今は365日店が開き、
24時間なんでもできる。
携帯電話に慣れ過ぎて、
電話番号を覚えるつもりがなくなった。
実際問題、パパの携帯番号すらわからない。
毎日、温かい湯船につかり、
毎日体や頭を洗い、
日に2度お風呂に入る事さえある。
いつでも、パソコンを開けば情報が手に入る。

私たちは慣れ過ぎたのだ。

この不便を教訓に、
生活を考えたい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。